スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
一周忌法要
日曜日に昨年亡くなった義父の法要があった。

あっと言う間の1年だった。

亡くなる3週間くらい前だったか・・・

突然義父から電話がかかり話したい事があるから来てくれと。

嫁と2人で行った。

嫁は3姉妹の末っ子で、厳しい義父は唯一自分の膝の上で育って

甘やかしすぎたと言っていた。

余命宣告をされた事も2人の姉には告げたらしいが、嫁には一切話さなかった。

嫁も、自分も知っていたが常に知らないふりで普通に接するようにしていた。

家に到着すると、義父は友人の方にも電話して話があるから来てくれと

言っていたらしく間もなく3人の方も到着された。

立派な方達ばかりなのでかなり場違いな自分・・・

義母も合わせて皆で義父の話を聞く事に・・・

話の内容は大体察しはついていた。

「わしが死んだら質素に葬式ををしてくれ・・・婿はまだ若いけお前らの下で・・・」

と言いかけた時、義父の友人の方が

「お前はそんな心配はせんで良い!そうなった時はちゃんとしてやるけえ!

お前は早く元気になることだけ考えろ!何にも心配するな!」

嫁が義父の前ではじめて泣いた 「お父さん良かったね・・・」 

義父も 「そうか」 と笑ってうっすら涙を浮かべていた。

生前から、法事などはしなくて良いと言っていたが、

義父のご友人の方々も多数参加して頂き、賑やかな法事となった。

段どりもご友人の方々が手伝ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいだった。

義父の死から嫁は言う。

「日に日に寂しさが増すっていう意味が初めて分かったよ」 と・・・

67歳での死だけど、あれだけ好きなように豪快に生きてきたから

悔いはないよ!と人は言う・・・

でも、義父の無念さを知っている・・・

大好きな孫の成長を見たかった事だろう・・・

仕事もまだまだバリバリしたかった事だろう・・・

義父の分まで自分も頑張らないといけないと改めて思った。

広島ブログ





スポンサーサイト
[2009/06/16 12:56 ] | 雑談 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<返ってこない??? | ホーム | サッカー広島県大会>>
コメント
No title
先日は一周忌法要お疲れ様でした。忙しい中ありがとうございました。父はちゃまさんの事を信頼していたように、ちゃまさんも父のことを理解してくれてたみたいですね。息子さんのサッカーの成長を見続けたかったことと思いますが、息子さんの頑張りを楽しみにしています♪
[2009/06/16 15:50]| URL | ぺこりん #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/06/16 22:07]| | # [ 編集 ]
ぺこりん さん
いえいえ!とんでもないです!
息子のサッカー見るの好きでしたからね!
法要の時も、もしかしたらサッカー見に行っていたかも???です。。。
[2009/06/17 09:50]| URL | chama #- [ 編集 ]
名無しさん
絶対に忘れないと思います。
今はまだ考えられないけど、そうですね!
男にしてほしいと思いますよ!
[2009/06/17 09:53]| URL | chama #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。