スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ダイエットの誤解1
先日のダイエットIQは何個正解したでしょうか?

回答が遅くなりましたが、まず①の答えはNOです。

水を飲んで太るということはありません。

体内の水分量が正常範囲を超える現象は肥満では無く、むくみになります。

通常、摂りすぎた水分は排出するように身体は出来ています。

むくみは塩分の摂りすぎ、カリウム、その他の栄養素の不足、

排尿、排便の不良など、水分の摂りすぎとは別のところにあります。

なので、水分をたくさん摂ったらむくむ のは間違いです。
                ↑     
          (よく勘違いされている所)

逆に水を飲まない事で体内の水分が減り、体重が落ちてもそれは、

単なる水が足りない分がマイナスになっているだけです。

だから、飲めばもとに戻るから飲まない!っと言われるかもしれませんが、

体重を減らすのに水を我慢するのは意味が無いだけではなく

身体にとって危険な状態を招くことになるのです。

身体は50~60%は水で占められ1日に2.6㍑の水が排泄や皮膚、

息からの蒸発で失われると言われています。

その分、食事や、飲み物から補わなければ体内の水分バランスが

崩れてしまいます。

人間の身体の細胞は水分に満たされた状態で活動しており

水分が不足すれば、身体のさまざまな重要な機能がうまく働かなくなります。

血液の循環が悪くなり、リンパの流れも悪くなり、

老廃物の排泄なども出来なくなるし、肌がカサカサになったり 

たくさんの弊害があるのです。

食事制限中はそれでなくても食事からの水分補給が減っている状態ですから

水分を抑えるのではなく、逆に出来るだけ積極的に摂るようにするべきです。

今日はここまで。。。

広島ブログ
スポンサーサイト
[2010/08/11 12:00 ] | 健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お盆 | ホーム | 第34回全日本少年サッカー大会 Jビレッジ 全国大会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。